草刈り中にイノシシが現れる

8月も終わりに近づいている雨上がりの早朝にミツバチの巣箱周辺の草刈りを行っていたところ、突然嫌な気配がすると思ったら、数m先にイノシシの多分メスが立ってまして、驚きました。

冷静にその場を取り繕うかのように、車に乗り込み状況を観察します。よくみると、イノシシは落ちた桃の実を狙って、その木の下付近から離れようとしません。

こっちも舐められたらいかんと思って車に乗ってホーンを鳴らしたり、車で突進するそぶりを見せますが、その時は一瞬草陰に隠れますが、すぐ現れます。

普段から住宅街などに現れては人間に慣れてしまってるのか、人間を恐れるという感覚が既に無くなっています。

この時期はそろそろ栗の実も熟してくるし、食べ物を狙って餌場に集まってくるようで、おそらく山の奥には餌が不足してるのではないかと考えらえれます。

今のところ、ミツバチの巣箱に直接の被害がないのは幸運ですが、今後も被害が無いのか心配になります。

これも、奥山が荒れて餌が足りないのが原因なのかもしれません。

人間もイノシシも生きていくのは大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です