スズメバチの襲撃が始まりました。

糸島にある巣箱にオオスズメバチの大襲撃があり、急遽出動。

こちらの手違いで巣箱と地面の間に大きな隙間があったため、オオスズメバチが簡単に巣箱内に侵入し、巣板を食い荒らしていた。

ネズミ取りシートを使って巣箱外のスズメバチを捕らえ、巣箱内で落ちた巣板をかじっていたハチはガスバーナーで焼き殺すという荒技で何とか対処。
退治しても次々とやってくるオオスズメバチの援軍もシートとガスバーナーで対処。

スズメバチは可哀想だけど、人間も危ないのでしょうがない。
ミツバチを自宅や山で飼おうと思っている方達はこのような光景があるかもしれないということを自覚していただけると幸い。
自然との共存はきれい事ばかりではいかない部分もあるのである。

いっぽう、幸いにもミツバチの群れは群を維持している。
このままの状態で襲撃シーズンが終わってくれると嬉しいが、周辺にはオオスズメバチが沢山いる環境なのでどうなることやら。。。

数年前の自分ではこのような事出来なかったろうな。
精神修行の成果です。
オオスズメバチさん、有り難う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です