今の当たり前を疑え!

殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、激減と関連か、北米

今日も糸島の田園地帯で真っ白になるまで、農薬を蒔いてました。
農薬を蒔かなくても食べられるお米はできるのに(実践者談)。

私は農業はやってない素人とはいえ、個人的には現代農業を一度疑って見るべきと思う。
農薬も肥料も野焼きも本当に良い選択なのか?
今の時代、専門家の意見よりも素人の意見はより重要なのだ。

農地の生物多様性を失わせたり、栄養過多な状態になることで、特定の生物が一時的に増えるなんてことは十分考えられる。
人間が一極集中的に集まる大都会でネズミが爆発的に増える状況と同じじゃないか?

結局、対処療法か、遺伝子までいじり回して押さえ込もうとする。
そして、誰かのお財布に大金が舞い込むのであった。。。

How dare you!

とも言いたくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です