1.キンリョウヘンと敷板の撤去(入居から一週間前後)

キンリョウヘンによってミツバチが巣箱に入居したらまず、キンリョウヘンを撤去します(巣箱に出入りするミツバチの足に黄色い花粉が付いている、もしくは巣箱に出入りするミツバチがキンリョウヘンに関心を示さないことが確認できたら入居したと判断できます)。そして、キンリョウヘンが刺さった敷板を撤去します。撤去の方法は以下の動画を参考にされてください。

2.巣箱の増設(入居から1ヶ月後くらい)

5月以降、巣が成長すると、巣箱内にミツバチが溢れてきます。巣箱内が以下のような状態になれば、巣箱本体を7段に増設します(巣の成長が早い場合は後日さらに2段を追加)。巣箱増設後は巣箱が高くなるので、ロープなどで固定することをおすすめします。巣箱増設の方法は以下の動画を参考にされてください。

夏場の注意点)
巣箱に直射日光が当たらないように日差しが強い場所では人工的に日陰を作ってください(特に朝夕に巣箱側面に直射日光が当たらないこと)。ミツバチは暑さには弱いので、夏場にダメージを受けると、秋にスズメバチに襲撃されやすくなります。